おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

NEWS&TOPICS

大企業の給与上昇は良いが、中小零細企業は苦境に陥る。

投稿日:2017年1月17日

政府は大企業に対してベースアップなど給与の上昇を求めています。それは良いことなのですが、中小零細企業はますます人材難になります。成長拡大戦略はとれず、縮小せざるを得ません。
政府と金融庁は今年4月以降、金融機関に対し融資先の“事業性評価”を実施するよう求めています。これは企業の将来性を評価するものなので、人材不足の零細企業は融資を受けられないどころか、返済を求められてしまい、廃業を促されてしまいます。そのために今年の廃業は3万件を超えるとみられています。
また、中小零細企業の社長の平均年齢66歳(2015年調査)という高齢化と人材採用難による将来性の欠如により、全国の中小企業432万社のかなりの数が10年以内に廃業する「廃業予備軍」となってしまっています。
このままでは社長の平均年齢が75歳超えになる2025年には廃業が10万件を超えることになります。日本経済を支える中小企業が崩壊します。
大企業の給与上昇はいいのですが、そのために廃業する中小零細企業が百万社以上あることを政府は認識しておいて欲しいです。
住宅・建設・不動産の中小零細企業も激減してしまい、生産性の低い現場・職種は職人がいなくなるか、外国人のみとなるでしょう。

トラックバックURL

ページの先頭へ