おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

マイスターのトレンド・なう

環境と共に住むことに幸せを感じる住宅

投稿日:2016年12月19日

ホワイトクリスマスが間近です。冬は雪が降って、白が似合う季節です。
クリスマスツリーに、サンタの贈り物に、ケーキに七面鳥という、「赤」もあり「紅白」ともいえる明るい白です。
ただ「白」は古来の日本では秋の季節用語で、「白秋」ともいいます。
中国の古代の陰陽五行思想が起源で、白とは本来色の無い透き通るようなものを指し、秋は無色透明な寂寥感を漂わせる季節とされています。
そのため俳句の季語おいて「色なき風」は秋を指します。澄み切った大気の中を吹き渡る風は爽やかで、透明感を感じさせるからです。
クリスマスという西洋文明ともいえる現物主義では白は冬ですが、姿の見えない「風」に白を感じる精神文明ともいえる東洋思想では白は秋です。
 大量生産大量消費により物質をたくさん持つことが幸せの象徴である20世紀西洋文明から、観光資源など無い里山の「色なき風」に幸せを感じる和文化に時代が返っているような気がします。
 高気密高断熱で24時間換気でエアコンの中でのクリスマスが今の一般的風景ですが、古民家で厚着でいろりを囲み鍋をつつくのは「粋な」風景です。
 太陽光発電+コジェネによるゼロエネルギーハウスを国土交通省は推進していますが、古民家再生が日本らしい地球環境に良い住宅政策だと思います。
 それは立地などで一般的な住宅となりえないとしたら、住宅密集地にある木造住宅の再生において、高気密高断熱化ではなくて、「色なき風」を感じ「精神文化的幸せ」を感じることのできる「高耐震不燃化低気密低断熱住宅&コミュニティ」が良いです。
 機能・コスト優先でなくて、「環境と共に住むことの幸せ」を感じることのできる住宅が、今の時代として求められている住宅ではないでしょうか。

トラックバックURL

ページの先頭へ