おすすめ物件一覧
【紹介動画公開中】空が広い日当たりの良い分譲地~ルーチェソラーレ鴻巣~
関東の真ん中に位置する古河市に全36棟の自然豊かな街ができます。太陽・・・ >続きを読む
北欧ハウス杉並区成田西
【365日ご案内可能です!】家具が展示されておりますので実際の生活をイメ・・・ >続きを読む
【完成】北欧ハウス篠崎町【駐車場スペース広々】駅9分
3連休も現地見学会開催致します。篠崎公園近いです。是非、区民まつりの・・・ >続きを読む
公園まで徒歩5分!ケイアイフィット高崎市下小塙町1期
北部小(約1.1km)、長野郷中(約1.7km)エリア!環状線・国道18号線まで出やすく・・・ >続きを読む
もっと見る

マイスターのトレンド・なう

円ドル100円台定着相場の意味するところ

投稿日:2016年8月22日

円ドル相場が8月は100円台で定着してしまいました。昨年同期は120円でしたから20%近い下落です。日本の収入が20%減っているということです。
これは2007年を思い出してしまいます。あの時も1年で120円から100円に落ちました。当時はそれほど意識はなかったのですが、6年に渡る円高不況の始まりでした。
今回はなんとか100円割れをせずに頑張っていますが、改めて為替チャートを眺めると恐ろしくなります。
更に今回は異次元金融緩和+マイナス金利という政策出し尽くし感があります。
優秀な日本の官僚が何らかの新たな政策を考えてくれるものと期待したいですが、ケインズ経済学的需要供給で考えると需要先食いで供給過多は否めません。
そろそろアベノミクス・異次元金融緩和効果政策以後の経済環境に備える必要があるでしょう。
8月の100円台相場容認というのは、新しい経済環境への対応を、政府が暗に促しているのかもしれません。

トラックバックURL

ページの先頭へ